Aer Flight Pack 3 レビュー【もうTUMIとブリーフィング手放します】

Aer Flight Pack 3 レビュー【もうTUMIとブリーフィング手放します】
悩む人

最近よく聞く「Aer(エアー)」のバッグが気になる

悩む人

そういえば、中田敦彦さんも「Aer(エアー)」のリュックを推してたよね

AerのDay Sling 2に一目ぼれし今も愛用している筆者ですが、迷いに迷った挙句、Aer FLIGHT PACK 3 (エアー フライトパック3)を購入しました。

画像たっぷりのレビューをしていきます。

この記事がおすすめな人
  • AerのビジネスバッグFlight Pack3の購入を迷っている人
  • Aer Flight Pack 3が前作から進化した点を知りたい人
  • 定番のTUMI 3wayブリーフとAerとの違いを知りたい人
この記事の結論
  • Aer Flight Pack 3はバックパックメインで3wayビジネスバッグを探している方への最適解
  • 手ごろな価格にも関わらず、高級ブランドに劣らない素材感
  • オンオフ・年代問わずに使えるシンプルさ、快適性、利便性

\ Amazonなら7日間無料でお試し可能! /

目次

Aer Flight Pack 3 | 仕様と特徴

Aer Flight Pack 3 レビュー、仕様と特徴
Aer Flight Pack 3 | 仕様と特徴

Simplicity(シンプル)、Utility(実用性)、Durability(耐久性)3つをDNAとしたAer(エアー)

2014年、ジム・オフィス向けバッグをデザインにするクラウドファンディングプロジェクトから誕生しました。 

そんなAer社のTravel Collectionに属しているAer Flight Pack 3

Aer Flight Pack 3の仕様は以下の通りです。

Aer Flight Pack 3
寸法高さ46cm x 幅30.5cm x マチ14cm
容量20L
重量1.54kg
価格37,400円(税込)
参照:Aer 公式サイト

主な特徴を以下に記します。

  • 1680D コーデュラバリスティックナイロン 使用(外部)
  • YKKジッパー
  • 高級感のあるソフトな布製ライニング
  • パッド付きPC用ポケット (対応サイズ:16インチ)
  • 貴重品が取り出しやすいトップポケット
  • 仕事の必需品をスマートに整理
  • 人間工学的に考えられたバックパックストラップと、 取り外し可能なショルダーストラップ
  • 拡張可能なウォーターボトル用ポケット
  • ラゲージハンドルパス
  • ロック可能なジッパー

Aer Flight Pack 3 | レビュー(メリット・デメリット)

Aer Flight Pack 3 レビュー、メリット・デメリット
Aer Flight Pack 3 | レビュー(メリット・デメリット)

早速Aer Flight Pack 3メリット・デメリットについて解説していきます。

詳細は写真とともに解説していきますので、合わせてごらんください。

Aer Flight Pack 3メリット・デメリット

メリット
デメリット
  • オンオフどちらでも活躍できるシンプルな見た目と収納力
  • 1680Dコーデュラバリスティックナイロンの頑丈さ・
  • ビジネスバックパックとして完成されたクッション性(前で背負ってもずれない)
  • 1泊程度の荷物であれば詰め込み可能
  • 前作からの改良で快適性・利便性向上
  • ブリーフとしてメインで使う場合背面側がダサイ
  • Aer Daypackのように自立しない
  • トップ収納に小物を入れすぎるとメイン収納を圧迫する
  • ブリーフィングやTUMIほど知名度がない(高級ブランドを謳っていない)
  • その割に前作と比べ値上げ傾向

Aer Flight Pack3だけに関わらずブランドとして製品を見た時のメリット・デメリットはこのくらいかと思います。

Aer Flight Pack3 外観

それでは外観からみていきます。

Aer Flight Pack3 レビュー外観
ブリーフとしてもシンプルで格好いい

ブリーフから乗り換えた人からすると一回り大きなサイズと思うかもしれません。
横向きだとドリンクホルダーを使っていなければ自立しやすいです。

Aer Flight Pack3 レビュー外観
バックパックとしての見た目の方が好き

今度はバックパックとして見た時の見え方。
自立はしませんが、サイズ感は手ごろです。

Aer Flight Pack3 レビュー クッション
左がAer、右がTUMI

ショルダーストラップのクッションがかなり肉厚。

Aer Flight Pack3 レビュー背面
完全にバックパック

背面が前作Aer Flight Pack 2に比べ大幅に改良。
クッション性・ベンチレーション・キャリーケース固定ベルト装着を満たしています。

Aer Flight Pack3 レビュー背面
ブリーフにすると片側はこんな感じに。。

ブリーフとして横持ちする場合、この面は常に内側にしてなるべく見えないようにしておいた方がいいですね。

Aer Flight Pack3 レビュー ジッパー
丁寧に作られています

YKKジッパー。表面とトップの小さいポケットは止水ジッパーとなので、ある程度耐候性はありそう。

Aer Flight Pack3 レビュー ジッパー
重ねると南京錠で留められます。旅行に便利。

ジッパーは重ねると南京錠を取り付けられるダブルジッパー仕様。

Aer Flight Pack3 レビュー、TUMIと比較
ナイロンの素材感(左がAer、右がTUMI)

1680DのコーデュラバリスティックナイロンはTUMIのFXTバリスティックナイロンと比較しても見た目の堅牢さに違いはありません。

Aer Flight Pack3 レビュー、開封
ブリーフィングのように全開にはならないが不満なし

バックパックメインという構造ながら、ブリーフとして使った場合でもしっかり開きます。
ここはFlight Pack2からの改良ポイント。

Aer Flight Pack3 収納部分

Aer Flight Pack3 レビュー、クッション素材
触り心地良すぎなフリース素材クッション

Flight Pack2との違いとして、この裏地のクッション(フリース素材)。
トップのポケットにはイヤホン、財布、社員証などすぐ取り出しやすいものを入れるのが良さそう。

Aer Flight Pack3 レビュー、収納力
左のトップポケットがメイン収納を圧迫

ただし詰め込み過ぎると、メイン収納までたどり着くのが難しくなります。

Aer Flight Pack3 レビュー、前面収納
Aerお馴染みの前面収納

前面収納は用途別に収納しやすく、一目でわかるAer特有の収納スペース。

Aer Flight Pack3 レビュー、収納力
引用:楽天市場

メイン収納部はPC(16インチまで収納可)・タブレットといったPC周辺機器や手帳を。

Aer Flight Pack3 レビュー、厚み、マチ
メイン収納部の厚み(マチ)

フルで使えばマチ10cm分くらいあるので、1泊程度の荷物であればPCと共存可能。

Aer Flight Pack3 着用画像
引用:Flight Pack 3 BLACK | Aer | エアー公式通販サイト (aersf.jp)

着用イメージはこんな感じです。

Aer Flight Pack 3 | 口コミ・評判まとめ

Aer Flight Pack 3 レビュー、口コミと評判
Aer Flight Pack 3 | 口コミ・評判まとめ

Aer Flight Pack 3に関するユーザーの口コミ・評価をまとめました。

Aer Flight Pack 3 | 良い評価

SNSやオンラインサイトを見ると良い評価の比率がかなり高いです。

スタイリッシュな点や収納力・耐久性に惹かれて購入された方が多い様子。

Aer Flight Pack 3 | 気になる評価

SNSではまだ新作のAer Flight Pack 3の気になる評判はほとんど確認できませんでした。

Amazonや楽天ではレビューついていますが、楽天のレビューは投稿時期からして多くはFlight Pack 2のレビューのようです。

Aer Flight Pack3|TUMI 3wayと比較

Aer Flight Pack 3 レビュー、TUMIとの比較
Aer Flight Pack 3 | TUMI 3wayと比較

せっかくなので、保有している同タイプのTUMI Alpha3 3wayブリーフ (リンクは現在販売中のスリムモデル)と比較してみました。

筆者がTUMIを使っていて気になる点は以下の3点。

  • 荷物を入れると大した量でないのにパンパンに見えてしまう
  • カジュアルシーンにはあまり向いていない
  • バックパックとしての使い勝手が悪い

Aer Flight Pack 3に求めていた仕様は上の3つを解消すること。

特に、筆者の普段通りの荷物を積んだTUMI 3wayを肩にかけながら退社しようとしたときに、定年間際のおじさんから「お、これから出張?」と言われ、ずいぶんテンションが下がりました。

Aer Flight Pack3 レビュー、収納力TUMI 3wayとの比較
普段運ぶ荷物はこのくらい

ということで、通勤で持ち運ぶ荷物をAer Flight Pack 3とTUMI Alpha3 3way ブリーフに詰め込んで比較してみました。

Aer Flight Pack3 レビュー、収納力TUMI 3wayとの比較
左がAer、右がTUMI

分かりづらいかもしれませんが、Aer Flight Pack 3 (マチ14cm)は変形が少ない割に、TUMI Alpha3 3wayブリーフ (マチ15cm)は張り出しが目立ちます。

これをバックパックで背負うとあまりスマートに見えないのが残念です。

やはりTUMIはブリーフメインでの使用、Aerはバックパックメインでの使い方に向いているとあらためて感じました。

Aer Flight Pack 2との違い

Aer Flight Pack 3 レビュー、Aer Flight Pack2との違い
Aer Flight Pack 2との違い

前作Aer Flight Pack 2との主な違いについては以下のとおりです。

Aer Flight Pack 2Aer Flight Pack 3
寸法高さ46cm x 幅30.5cm x マチ13cm 高さ46cm x 幅30.5cm x マチ14cm
容量21L20L
重量1.27kg1.54kg
価格28,600円(税込)37,400円(税込)
参照:Aer 公式サイト

別の方のレビュー記事でFlight Pack 2はデイユースのビジネス用、Flight Pack 3 は2-3泊の出張もこなせるというコメントもありました。

疑問に思い調べたところ、用途やサイズの違いはなく、下記のような使い勝手の良さがアップデートされたものとなります。

こちらの情報を参照ください。

Aer Flight Pack 2とFlight Pack 3 の違い
  • ブリーフの手持ち部分の形状
  • バックパック背面側の構造
  • バックパックストラップ
  • フロント収納の開き具合
  • その他細かな点 (隠しポケット、メイン収納のポケット、ボトルホルダー拡張性)

ブリーフの手持ち部分

Aer Flight Pack 2では持ち手全体を覆う形状だったハンドル

Aer Flight Pack 3では小さなスナップボタンで束ねる形となっています。

持ちやすさが多少犠牲になるものの、特にブリーフとして開け閉めする際、各段に干渉が少なくなりました。

バックパック背面側の構造

Aer Flight Pack3 レビュー、Aer Flight Pack 2との比較、違い
引用:Aer Flight Pack 3 Review (2 Weeks of Use) – YouTube

一目で大きく変化したのがこの点。

Aer Flight Pack 2では背面にクッションがなくシンプルな見た目でしたが、Aer Flight Pack 3では背面にクッションが取り付けられ、さらに中央にベンチレーション用の隙間まで。

隙間部分にはキャリーケースに取り付け可能なベルトが装着されています。
※前作では背面のナイロン部分がそのままキャリーケースへの固定ベルトでした。

バックパックストラップ

Aer Flight Pack 2にはありませんが、Flight Pack 3にマグネット式のチェストストラップがついています。

通勤時に使うことはあまりないと思いますが、旅行時に胸あたりで留めることができると姿勢が安定しますね。

個人的には、バックパックから急にブリーフに持ち替えなければならなくなった時に便利さを感じます。

キャリーケース固定ベルトの穴を通してこのストラップを留めると、ブリーフとして横向きに持った時もバックパックストラップがだらーんとならないのが画期的。

Aer Flight Pack3 レビュー、ブリーフへの持ち替え
5秒でできてバックパックストラップを固定して持ち歩ける

細かな点ですが、ストラップ取り付け部分がFlight Pack 2では金具のクリップだったのがプラスチッククリップに変わっています。

Aer Flight Pack3 レビュー、ストラップ
金具より簡単に抜き差し可能

フロント収納の開き具合

Aer Flight Pack 2では正面手前の収納部分の開きが半分ほどだったのが、Aer Flight Pack 3では3/4ほどまで開くようになっており、ものを見つけやすくなっています。

その他細かな点

Aer Flight Pack 2では隠しポケット扱いされていたトップの小さな収納が隠しではなく、また止水ジッパーに変更されています。

PCスリーブやこの小さな収納部分の素材がナイロンからフリース素材のような柔らかな素材に切り替わっており、触り心地最高です。

サイドのボトルホルダーに拡張性がつき、500mボトル以上のサイズでも入るようになっています。

Aer Flight Pack 3 レビュー| まとめ

Aer Flight Pack 3 レビューまとめ
Aer Flight Pack 3 レビュー| まとめ

今回はAer Flight Pack 3について実際に使った上でのレビュー、TUMI 3wayとの比較や口コミを紹介しました

Aer Flight Pack2から懸念点も改良され、オンオフ問わずバリバリ使える頑丈かつシンプルなバッグで筆者も非常におすすめ。

世界的なインフレでAerの製品も値上がり傾向にあるので、興味があればまずはAmazonで7日間試着をしてみるのがおすすめです。

当サイトではAerだけでなく、ブリーフィングやTUMIなどオンオフに使える3wayブリーフを紹介しています。

こちらも合わせて見てみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

Aer Flight Pack 3 レビュー【もうTUMIとブリーフィング手放します】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる